健康

高齢者向け住宅は高齢者にとって居心地のよいものでなくてはなりません

高齢者が住むのに適した家が「高齢者向け住宅」です。
人間は年をとります。
やがて、今まで普通にできていたことができなくなるときがきます。
そういう状態の人に適した家が高齢者向け住宅です。
高齢者向け住宅をネガティブに考える必要はありません。
高齢者ならではの、新しい生き方があるはずです。
そして、高齢者だからこそできることもあると思います。 続きを読む

数ある老人ホームでの虐待について・・・

最近まで介護職員を行っておりました。主に特別養護老人ホームや有料老人ホームで働いていました。
「虐待」といってもたくさんのあるので自分で見てきたものや感じた事を伝えていきたいと思っています。まず特別養護老人ホームは入居者が沢山入所している施設です。大体50名~100名のかたが入所してますので入浴介助や食事介助がとても大変ですが仕事してはとてもやりがいはありました。虐待は身体的な物や暴言などがあります。身体的なものでいえば「つなぎやおむつ交換をしないなど」暴言だと「利用者を相手にお前など、邪魔」など言ったことがありました。正直介護はだれでもできる仕事と思っていますので様々な職員がともにはたらいく仲間です。言葉遣いが悪い職員や利用者を叩いたりする職員もいました。自分の経験として職員に対して激怒したことがある例は入浴介助をしてる最中に隣でお風呂場で職員が暴言を吐きながら利用者を叩いたところを見てしまったので大きな問題になったことがあります。 続きを読む

辛味噌は一家に一本の万能調味料

辛味噌は、冷蔵庫に常備しておくと、かなり使える調味料です。一家に一本持っておくのを、おすすめします。主な使用方法は、調理と付けダレです。調理は、炒め物の味付けとして使うことが多いです。回鍋肉風の味付けになるので、豚肉と野菜を一緒に炒めて、辛味噌を使います。おでんの出汁に入れることもあります。「名古屋風味噌おでん」みたいな感じで、出汁にコクが出るので、家族に人気のメニューです。普通におでんを作って、辛味噌を付けて食べるのもおすすめです。あとは、色々な料理に付けて食べると美味しいです。 続きを読む

精神的な病による障害年金の現状

昔と比べても目立っているのが精神的な病で、その中でも酷いのがうつ病や自律神経失調症です。これらの症状を発症してしまうと快適に仕事をするのが難しいです。また生活にも悪影響を及ぼしてしまいますし、完治させるまでに精神安定剤やカウンセリングなどどうしてもお金がかかってしまいます。そこで障害年金を受け取れるようにすることで、経済的な不安を少しでも払しょくでき、治療に専念できるので大切な役割を持っています。 続きを読む

障害年金のが貰える人と貰えない人

障害年金は貰える人と貰えない人がいます。障害年金を貰える人の中には、身体障害者だけではなく精神障害者もいます。精神障害者の場合障害年金の貰える条件は基本2級以上になります。ただし全員2級の人が貰えるわけではないし、逆に3級の人でも障害年金が貰える人もいます。貰える人と貰えない人についてもう少し詳しく解説します。 続きを読む

キャディさんを甘く見てはなりません

ゴルフはキャディと一緒に回りますが、基本的に自己申告のスポーツです。OBラインを少しだけオーバーしていたが勝手にOKにして打ったなどということは、本来あってはならないことです。またマークを外してボールを置き、パットを決めるプレーのときにも少しだけ前にボールを置いたなどという場合もあるいはあるでしょう。同伴者の指摘がなければそのままプレーが続行されますが、しかしキャディさんは何も言いませんが実は見逃していません。 続きを読む

初めてスポーツクラブに行きました

私は小さいころから太っていて、運動がとても苦手でした。しかし婚活を始めるようになってから、これまで以上に自分のスタイルが気になるようになってきたのです。それで、スポーツクラブに行くことにしました。最初は私の様な体型のものがそういったところに行くと周りの人から浮いてしまうのではないかと思っていたのですが、問いあわせをしたらまったく問題ないといわれました。「ダイエットを目的にして通っている方もたくさんいらっしゃいますよ」といってくれて、ほっとしました。 続きを読む

年金加入により得られる障害年金という最後の切り札

最近は国民年金に加入をしないという方が増えており、大きな社会問題になっていますよね。確かに受給年齢が徐々に引き上げられている現状を見ると、本当に65歳から貰えるものかと訝しく思ってしまうのも確かです。しかし、国民年金に加入をするのは何も老齢になった時のためだけではありません。 続きを読む