友人から聞かされて驚かされた工場修繕

工場勤務をしている友人とランチに行ったとき、「今度工場修繕されるみたいで、最近くるひとが多いんだよね」と言われました。工場勤務ではない私からすれば、それって仕事はどうなるの?製造ラインはどうするの?と気になることばかり。すると「工場修繕って大規模なものもあれば部分的なものもあるし、よほど大きくないと工場の業務が止まることはないよ」と教えてくれました。
聞いていると、どうやらそれ以外にも何回も工場修繕はしているのだとか。部分的に直すのであればラインを止める必要もないですし、もしもう少し大きい修繕になるのであれば休日である土日にしてしまうので仕事自体には支障がないことの方が多いそうです。工場修繕のことを全く知らなかったので、そんなに頻繁にあることなのかと驚かされましたね。

やはり多くの人が働く場所なので、耐震だったり強度が重要になることや、人が多いからこそ空気が籠ってしまったり環境が悪くなりやすくて効率も落ちるのでそこの改善のためにも定期的に修繕をすることも知りました。何年かに1回は大きな修繕もすることがあるらしいですが、それでも仮の工場があったりしてライン自体は止まらないように工夫しているそうです。
工場修繕って、仕事をしている人のことを考えながらしてくれているのだなと驚きばかりでした。