貸切バスのある日の忘れられない思い出

以前古くからの友人が結婚式を行うにあたり、
地元からは遠方なのでご両親が、最寄駅から貸切バスを出して下さり、結婚式へ参列しました。
たまたまごく親しい友人でしたので、
ご親族に混ぜていただき私たち友人一同も、
快く便乗させて頂きました。

行きは皆さん正装をされ、かなり静かな車内でしたが
帰宅時は散々結婚式で飲めや歌えでハイテンション!
カラオケ付きの貸切バスでしたので、四時間ほどの
車内の旅でしたがもはやカラオケスナック状態でした。
・マイクを離さない友人の伯父様
・何故かお酒とおつまみを持参して居酒屋状態の叔母様
・あまりに飲み過ぎてしまい結婚式に参列したとは
思えないほど泥酔し最寄りのサービスエリア、
パーキングで全て車を停めてトイレに運ばれる叔母様
など、
初めてお会いしたとは思えないほど車内には、
さまざまな人間模様が繰り広げられていました。

同席した友人が、かなり真面目なメンバーだったので、
最初は困惑の表情を浮かべていましたが、
最後のパーキングエリアで休憩を取る前あたりでは、
貸切バスの中で友人も津軽海峡冬景色を叔母様達と
合唱するくらいしっかりとすっかりと馴染んでいました。

貸切バスというと、もう二十年くらい前になりますが、
この日の思い出を昨日のことのように思い出し、
懐かしくなります。