介護タクシーの利用方法や料金について

車いすを利用している方や、介護が必要な方にとっては公共交通機関をする際には、なかなか大変なのが現状となっています。
そこで、車いすで外出する際に、スムーズな移動手段のひとつとして介護タクシーがあります。
一般の方は利用したことがない人が多い介護タクシーの利用方法と料金について説明します。
介護タクシーとは、要介助者や身体が不自由なひとが利用するタクシーのことです。通院などのために利用することが多い乗り物です。

介護タクシーは名称に決まりがなく、ケアタクシーや福祉タクシーとも呼ばれます。介護タクシーには、介護保険を使うタイプのものもあります。
介護保険を使う介護タクシーを利用するには要介護1以上で介護タクシーの利用の必要性が明確にされていないと利用することができません。
この保険適用の介護タクシーのサービスには目的地と自宅の送迎から料金の受け渡しや薬などの引き取りから多岐にわたりサービスを受けることができます。
それでもすべてのサービスを受けることはできずに制限が設けられているため、その場合は保険適用外の介護タクシーのサービスを利用します。
介護タクシーの料金は、運賃と介護運賃の合計金額となります。運賃は通常の一般的なタクシーと同じく、初乗りから距離単位での金額設定となります。介護保険外で介護タクシーを利用する場合には時間単位での金額設定をしているタクシー会社もあります。介護運賃にはケアチャージと呼ばれる介助料金が含まれます。車いすの介助や付き添い介助を利用することで発生する費用が必要となります。
このように介護タクシーを利用する際には、保険適用をするかどうかによっても金額が変わってきます。