防犯カメラを設置するメリットとデメリットをきちんと理解する

防犯カメラは、現代社会起こる盗難事件や事故の証拠を集める手段として利用されております。そんな防犯カメラの設置にはメリットとデメリットが有る事を理解しておきましょう。先ずメリットとして考えられる事は、防犯カメラが有る事で窃盗等の犯罪を抑止出来る効果が有ります。盗難等の犯人は、必ず人目を気にしている為、そこに防犯カメラが有るだけで窃盗等の被害を減らす事が出来ます。

次に、防犯カメラでの録画が犯罪の証拠として取り扱う事が出来ます。特に現在の防犯カメラの撮影精度の向上によって、人混み等でも犯人を特定出来る撮影が可能になっております。一方、防犯カメラを設置する事で、デメリットが有る事も理解しておきましょう。先ず、プライバシーの問題を挙げる事が出来ます。街中等の人が多く利用する公共の場で有ればそれほど気にする事無く防犯カメラを設置する事も出来ますが、個人の家や道路沿いの入り口に防犯カメラを設置する事で、周辺の人に威圧感を与えてしまう場合が有りますので設置場所には注意が必要です。又、防犯カメラの設値は、犯罪その物を防ぐ事が出来ない為、防犯対策をしっかり検討しながら、犯罪の抑止力の一つとして防犯カメラの設置を考える事が大切です。