夏の時期の荷積みはウイングボディのトラックだと助かるわ

物流関係の仕事をしています。
物流センターの仕事と言えば、皆さんトラックへの荷積みや荷卸を想像されると思います。
もちろん私も荷積み荷卸はほぼ毎日のようにやっています。
夏が来るたびにウイングボディのトラックには感謝の念を覚えます。
夏の時期の作業はマジでキツイんですよ。
締め切っていたトラックの中は灼熱地獄、特に荷積みは辛い辛い。

サウナの中で作業してるようなもんです。
ハンドリフトで荷積みする時なんて最悪、暑い暑いトラックの中に重い重いパレットを引きずってかなきゃならないんでね。
物流系の仕事で最悪な瞬間の一つ、下手したら熱中症で命に関わるかもしれませんからね。
さて、そんな夏真っ盛りの時に来てくれるとありがたいのがウイングボディのトラック。
ウイングを開いてしまえばフォークリフトで外から積み込み作業及び積み降ろし作業ができます。
作業員が暑いトラックの中に入らなくてすみます。
いやーホントにありがたい。
ウイングボディを考えた人に感謝してもしきれません。
灼熱のトラック中の作業がなくなるので、気分的にも体力的にもラクなんです。
来てくれるトラックが全部ウイングボディだったらいいのに(笑)
積み込み積み降ろしが効率的になるウイングボディですが、暑さ対策って点でも優れた仕組みなんですよ。