障害年金のが貰える人と貰えない人

障害年金は貰える人と貰えない人がいます。障害年金を貰える人の中には、身体障害者だけではなく精神障害者もいます。精神障害者の場合障害年金の貰える条件は基本2級以上になります。ただし全員2級の人が貰えるわけではないし、逆に3級の人でも障害年金が貰える人もいます。貰える人と貰えない人についてもう少し詳しく解説します。

精神障害者といっても病名はいろいろあります。うつ病、躁うつ病、発達障害、不安神経症、統合失調症、パニック障害、他にも様々あります。多くの地方が不安神経症とパニック障害に関しては受給条件の貰える条件には当てはまらないため、病気が重くて2級の人も必ずしも貰えるとは限りません。重度のうつ病などに関しては3級でもまれに貰えることもあります。貰える条件はまず病名によって判断が決まります。
障害年金が定められている目安は働ける人は障害年金が貰えない、少しでも働く見込みのある人が貰える条件になります。しかし役所に行くと基本病名で判断するため、何かしら理由があって働けない状態で病名が当てはまらない人でも貰えないことも日本でよくあります。手帳を持っているから、障害者年金を貰っているから正社員やアルバイトや副業が出来ないことはないため、基本どの人でも障害者年金を貰っていても貰っていなくても働ける状態の人が多い傾向にあります。