日本のレーザー加工の技術はとても高い!

日本ではレーザー加工と言う加工方法が有名で、現在では様々な技術に取り入れられています。初めてレーザー加工と言う言葉を聞いた方がどのような技術に取り入れられているかと言うことを知らないと思います。そこで今回は、日本のどのような技術にレーザー加工が取り入れられているかと言うことを確認していきましょう。

日本のレーザーを用いた加工方法で有名なものは「金属加工」を行うものです。金属を切断したり、金属に穴を開けたりする技術にレーザー加工が用いられています。レーザー光は普通の光とは違い、位相の収束性が良いために極めて高密度なエネルギーを1点に集めて利用することができると言う特性があるのです。レーザー光をレーザー加工を行う際に使用するレンズなどに集めることで、そのレンズの焦点付近のエネルギーの密度は増大すると言う性質があることから、その加工を行う金属を融解または蒸発させることが出来るのです。
また金属加工に対してレーザー光を使用するメリットがいくつかあり、金属に対するストレスを大きく軽減させると言うことと、熱によって起こる変形を抑えることができるというメリットがあります。いずれもレーザー光での加工を行わなければ、金属に対するストレスによって金属が破損したり割れたりしてしまうことがありますし、熱によって起こる変形を抑えることができるのです。何気なく利用されている技術と言うことであまりお目にかかる事は無いかもしれませんが、主に金属加工に取り入れられている素晴らしい技術です。もし興味があるようであれば一度、調べてみると良いでしょう。