歯医者の先生が怖くて必死に歯磨きをするようになった!

子供の時、初めて虫歯ができたときはとても衝撃だったのをとても覚えています。周りの友達が「歯医者が嫌い」と口をそろえて言うので子供ながらに恐怖でしかありませんでした。

しかし、自分が行った歯医者は子供にとても親切な先生だったので、恐怖感もなく虫歯ができても怖いと思う事は全くありませんでした。しかも、口の中を綺麗にしてくれるので少し楽しみにしている時もありました。
普通の病院に通う感覚と変わらず、親目線から見たらとってもホッとしていたと思います。

しかし、行きつけの歯医者さんが引退してしまったので、先生は怖いけど腕は確かだという歯医者さんを紹介されるようになってからは、そこの歯医者に通院するようになりました。

怖い先生と聞いていましたが、本当に怖かったです。子供相手でもしっかり歯磨きの大切さを指導してくれる先生で、見た目は悪いけど銀歯の方が長持ちするからと言って、全て銀歯を入れられてしまいました。

見た目が悪いので子供ながらにショックでしたが、確かに腕が良かったのか大人になっても銀歯が長年外れることはありませんでした。そこの歯医者の先生がとても怖いので、絶対に虫歯になりたい無いという気持ちが生まれ、かなり歯磨きをするようになりました。

今思えば、その後ほとんど虫歯が出来なくなったので、この歯医者さんの指導のお蔭だと思いました。