建設業許可申請のメリットとデメリット

建設業許可申請は事業をする上で必ずしも必要とするものではありません。ただ、申請していない業者としている業者を比べるとメリットが多いのはたしかです。
まず1つめのメリットは、工事受注の幅が広がることです。

申請をしていないとできる仕事が制限されてしまうので、仕事の量が少なくなってしまいます。
建設業許可申請をしていると名を広めることができるので、信用も大きくなります。依頼者が建設業を利用する時、費用やデザインなど重視するポイントはいろいろありますが、1番最初にチェックするのはやはり信頼度でしょう。多くの実績を残していること、建設業許可申請をしているか、見ている人はよく見ています。たくさんの実績を残し会社を大きくするためにも、建設業許可申請は取っておくと良いでしょう。
メリットいっぱいの建設業許可申請には、デメリットもあります。後々になって失敗した、ということにならないためにも知っておくと良いでしょう。まず1つは、変更届けや更新が必要になることです。ちょっと手間がかかってしまいますが定期的に手続きをしなければなりません。また、費用がかかり、申請に必要な書類を用意する必要があるので確認しておきましょう。