冷凍輸送をするためにはドライバーが必要不可欠

いくら冷凍輸送できる車があっても、それを運転するドライバーが不足していると物流に支障をきたしてしまいます。配送会社全般にいえることですが、今の配送業界は人手不足です。特に物流の要となっているドライバーが不足しているのは深刻で、社会問題にもなっています。通常の輸送はもちろんそうですし、冷凍して輸送するケースでも人手が足りていないのは良くない状況です。

ドライバーが足りていないなら給料をアップさせて人を集めれば良いと短絡的に考えてしまいがちですが、そういうわけにもいきません。人件費がかかればそれだけ会社の利益は目減りしてしまいますし、顧客に負担させる配送料をアップさせるのも会社としては勇気がいることです。ですから今はギリギリのところで、輸送のバランスが保たれているのかもしれません。

冷凍輸送と聞くと頻繁に利用する人以外はどこか関係ないように思えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。冷凍輸送されている食べ物はたくさんあり、その輸送が滞るとなれば食卓に影響が出る可能性も十分考えられます。冷凍輸送が十分にできなければ、スーパーや飲食店にも影響が出ておかしくないです。冷凍輸送するにはドライバーが絶対的に必要ですので、この問題は早急に解決しないといけないです。