不動産の査定をお願いしたのですが、結局売却しませんでした

 東京オリンピックが近づいてきたり、リニアモーターカーの営業運転が現実味を帯びてきたりして、名古屋地区の不動産の動きはにわかに活発化しているらしいです。
 そのようななか、現在住んでいる自宅が、築年数がたってきていること、また、住人自体も、年齢も人数も変わったことから、ここを売って、別のところに変ってみるのもいいかな、と思いました。

 どの程度、本気でそれを考えたか、というと、そうでもないわけなのですが、物は試しに、と思い、不動産の査定をお願いしてみました。
 複数の会社に問い合わせをして、う当方の事情も説明し、それに応じてくれる会社に査定をお願いしました。
 査定をお願いした会社も、とる行動はさまざまなでした。
 ある会社は、まったく見ることもなく、ファックスで簡単に査定をしてきました。ある会社は、一度、査定金額を出してきて、詳細は、自宅の実情を見てから出すということで、自宅に着ました。そうやって出してきた金額には、1000万円近くの差がありました。どれが本当?と思いましたが、そうはいっても、その金額で、わが社が仲介をしますよ、という金額なものですから、会社の考えにもよるのかもしれません。
 ただ、最終的には、そうやって売却をしたところで、満足のいくような物件に出会えないのでは、と考え、売却を断念しました。ただ、ある意味、簡単に、不動産の査定をしていただけるものですから、興味がある方は一度お願いしてみてもよいのかもしれません。