マンガで学んだ根性論

manga18私のオススメマンガは『NARUTO』です。
このマンガは、村一番の落ちこぼれのナルトが一流の忍者になるという話です。ナルトは、産まれた時から身体の中に『九尾狐』がいてそのせいで厄介者扱いを受けます。最初は1人だったナルトが、尊敬できる先生と出会い、一緒に笑える仲間ができ、競い合えるライバルができます。忍術の才能もまるっきりないのですが、風影(村の長的な存在)になる。と、大口を叩いてはみんなにバカにされます。でもどんなにバカにされても諦めません。自分は絶対になる!という底知れない自信と信じて疑わない心で次第に周りの人間もナルトの凄さに見直していきます。
私は、このマンガで一途に思う心や目標を達成するための努力、周りに影響されずに曲げない心をナルトから学びました。
大人になるにつれ、いい訳が上手くなり『どうせできない』『歳だから』とか言って努力をする前に諦めることが多かったように思います。
でもどんなに才能がある人間でも何もしなければダメになるのです。

ナルトの中に出てくるセリフで大好きな言葉があります。
『君は忍術の才能はない。でも誰よりも努力が出来る努力の天才だ。』
この言葉を読んだ時に、出来ないことはないんだ。と思いました。
子供もそうですが、ぜひ大人に読んで欲しいマンガなこと間違いなしです。