コンバースのジャックパーセルの特徴について

コンバース私が高校生のころ、コンバースのスニーカーにはまっていたことについて記載します。15年くらい前にスニーカーブームが起こり、当時の中高生は色々な種類のスニーカーを持っていました。私が一番好きなスニーカーは、コンバースのジャックパーセルでした。

ジャックパーセルという名前は、1935年に当時バトミントンのチャンピオンだったジャック・パーセルが開発に関わったことに由来します。このスニーカーは、つま先の部分に通称「スマイル」と言われる黒色のラインがあることと、踵の部分に通称「ひげ」といわれる青色の三角形のマークがあることが特徴です。 ちなみに、2005年にジャックパーセルのモデルチェンジを行い、軽量化をしてポリウタレン素材のカップインソールを採用していますが、デザインは変えていません。 コンバースのジャックパーセルは、カジュアルで老若男女誰もが似合うスニーカーなので、履いたことがない方は、一度履いてみられることをお勧めします。