重油の特徴とは?

tanker18重油とは、どのようなものかというと、石油を蒸留した場合に、残るものになります。粘度が高くなっている油のことを指し、石油よりも粘度が高いのが特徴です。

また、使用法なども、石油とは全く異なる用途であると言えるでしょう。

主な用途ですが、石油とは違い、たとえば工場内などにおいての、産業機械だったり、そしてボイラーなどを動かしていくための燃料となっています。

見た目は、黒っぽい褐色をしているため、ガソリン、灯油と比較しても少し見た目が違うのが特徴です。

さらに、重油の特徴は沸点が高いというのも特徴ですし、消防法によって、危険物指定となっているのも特徴です。

水よりも軽いという特徴がありますが、水には溶けることがありませんので、これが海や河川などに流れてしまった場合、大変な事態になってしまうことがほとんどです。また、独特な臭いがあるために、その臭いをかぐだけで気分が悪くなってしまったり、被害があったこともあります。燃えた場合にも、有毒ガスが発生してしまうこともありますので、取り扱いをする場合には、十分に気をつける必要がありますし、引火をしてしまわないように火の元には気をつける必要があると言えるでしょう。