介護タクシーの利用と料金

kaigo-taxi18高齢化社会になればなるほど介護タクシーの需要は増えていき特に公共の交通が不便なとこでは介護タクシーの重要性が増します。
そんな介護タクシーですが自分では外出するのが困難な方や一定以上の介護が必要な高齢者や障害者のため外出するサポートのための車両であり乗務する職員は介護職員初任者研修以上の資格を所持していますまた介護保険指定業者番号を取得した業者によって運営されています

介護タクシーを利用するには一定の基準がありその条件をクリアしないと利用はできません
まずは要介護1以上の方あとは自宅に住んでいるまたは料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅に住んでいる方が対象となります。あとはケアマネージャーが必要と判断しケアプランに入れていて訪問介護サービスと契約していることが条件となります
介護タクシーの料金についてですがタクシーの移動料金+介護報酬で決まりますタクシーの移動料金については業者によってまちまちなので異なった料金となりますが介護報酬については国が定めており介護保険に基ずき介護報酬1割(または2割)負担なので利用する場合は事前に業者に問合せするのがいいと思います。
ただし介護タクシーは利用目的で制限があり通院や銀行や公的機関などの手続きまたは選挙の投票や介護保険施設への見学などの目的以外は認められないので事前に確認しとくのがいいと思います。