鳥取クレー射撃場の再開

shooting_range19鳥取市の覚寺にある鳥取クレー射撃場が2008年に休業してい以来、約9年ぶりに射撃場の再開をするというニュースがありました。再開の理由としては、当時利用者の低迷から経営困難となっていましたが、今回は国や鳥取県からの補助金を元に射撃場の再整備を行い、リニューアルして本年度8月中旬を目処に工事を進めているそうです。国や県の補助の理由としては、鳥取県内での野生のイノシシや野鳥と言った有害鳥獣被害が相次いでいることから銃猟者、所謂ハンターの育成を目的としているそうです。鳥取県では農作物を県の経済や産業の根幹としていますので、こういった有害鳥獣による農作物に対する打撃は大きいものとして、重い腰を上げたのではないかと考えます。また、熊が食べ物を求めて山から民家まで降りてくると言ったニュースもたまにみかけますので、こういった対策にハンターの育成は急務であると思われます。

基本的には県内のハンターを募集するのでしょうが、職が特異である為、もしかしたら銃に関心がある希望者が県外から参加・移住してくれることも期待できるのではないかと思います。希望は10人程度、意欲さえあれば初心者でも参加は可能で、立派なハンターに育成するための射撃場の設備拡充・定期的な講習を行う方針とありますので、希望者は是非前向きに参加して県での活躍に期待したいです。