バルで食べられる私のお勧めタパス

bar118世界各国の料理を日本にいながらにしてお安い値段で食べることが出来るようになったものだとつくづく感じるアラフォー世代です。
スペイン風居酒屋のバルも然りで、田舎で生活していたということも理由の一つとして挙げられると思いますが、20年ほど前は、そんな名称のお店を見たことも聞いたこともありませんでした。

しかしながら、実は20年前にスペイン旅行へ行ったことのある私は、本場で堪能したことがあるんです。
居酒屋というスタイルのお店は、日本にしかないと思っていた私は、おつまみをつまみながらお酒を楽しむというスペインの文化にとても驚いたことを記憶しています。

スペインと言えばパエリヤと真っ先に思い浮かべる方が多いと思いますが、チョリソーと呼ばれる少々辛いソーセージを筆頭に、アヒージョなんていうものも食べたことがなくて、とても衝撃を受けた記憶があります。
中でも一番驚いたものが生ハムで、こんなにおいしい食べ物が世の中に存在していたのかと感動すら致しました。

今はイタリア料理店などでも生ハムを食すことはできますが、私の中では生ハムはバルのイメージであり、赤ワインとのマッチングナンバー1は、生ハム以外あり得ないと言っても過言ではありません。