ステーキへの興味が高まり中

steak18子供の頃からどちらかといえば牛丼より豚丼、ビーフシチューよりチキンカレーが好きだった私が、そのおいしさに気付いたのはステーキハウスのこだわりの一品がきっかけでした。値段も標準から記念日のごちそう程度の、手の出しやすい範囲に収まる金額ながら、そこらのお店で食べるものとは一線を画した牛のおいしさ、力強さにノックアウトされた次第です。
それまでは牛の乳臭さのようなものを苦手としていた私も、質がいいからかここにしかないこだわりの製法ゆえか、独特の風味を嫌に感じず、むしろその牛本来の甘味やうま味を美味だと思えるようになりました。
一番お高いメニューを食べていないからか、さすがにおいしいと評される牛によくある、口に入れた瞬間にとろけるような柔らかさを経験したことはないものの、噛み締めるたびにジュワっと溢れる肉汁や、肉を食べているという確かな感触はうっとりとするぐらい魅力的です。

おかげでもうすっかり、ステーキハウスの常連になってしまいました。
今まで牛を敬遠していたのは、とてももったいないことだったのだと、おいしい牛を食べて理解しました。今後はイメージや想像だけで固いのではないか、自分の苦手な乳臭さがあるのではないかと決めつけずに、積極的に牛を選んでいきたいと思います。