コーティングを行う意味を実感

coating18何の変哲もない車が展示場に飾ってあるもののように艶々のボディになったりと、とにかく見かけが全く変わってくるので、コーティングをする意味は綺麗になることだけにあるのかと思っていました。誰だって自分の車を新品同様の品に見せたいという心情はあるでしょうし、その需要の下にサービスが成り立っているのだと考えていたのです。
でも実際に自分の車で試してみて、利用して以降のメンテナンスの楽さに驚きました。綺麗になるだけじゃなくて、加工は車を汚れにくいものに変えてくれるんですね。時間をかけて洗車をする必要もなくなり、洗車で車に傷がつく心配もなくなり、費用も時間も負担も何もかもが軽減されてカーライフがそれまで以上に快適になりました。

風で飛んできた細かな粒子がぶつかったり、はね上げた砂利がボディに当たって傷がついたりということも、コーティングのおかげでめっきりなくなりましたし、車を使用していてストレスがないです。それまではちょっとした傷ができるたびにテンションが下がっていたのですが、今はいつ見ても綺麗な車に気持ちも上がる一方です。
車にとってこんなにいいことなら、もっと早くから取り入れておけばよかったと感じています。するのとしないのとでは全く違うんですね。