不動産投資でお金を増やす

fudosan18銀行にお金を預けていてもそれほど利子が増えるわけではない日本で、お金を上手に増やすためには、株や不動産などについて勉強することが大切であるということを小耳に挟むことが多々あります。

しかし、バブルを経験したせいか、そういったものに関してなかなか積極的な気持ちになれず、値段が下がった時のことを考えてしまい、結局銀行にお金を預けるという選択をしてしまうわけです。

最近知人が住み替えをしました。
10年ほど前に買ったマンションを売って、郊外にある一戸建てを購入したのですが、驚くべきことに築10年だというのに、買った時と同じ値段で売れたそうなんです。

知人は、不動産関係の会社に勤めているため、購入した時も高く売れやすい物件というものにこだわったようです。

例えば、治安が良くて駅が近いということ、それから評判の良い公立の小中学校のある学区内という点を考慮に入れたようですが、結局そういったことが功を奏して、10年経った物件なのにもかかわらず、値段が下がるということはありませんでした。

知人曰く、投資目的で都内にワンルームマンションを購入する人というのもいるという話を聞き、年金もあてにならない世の中になりつつあるので、やはり、お金の殖やし方というものを積極的に勉強する必要があると思うようになった次第です。