初めてのバル体験

ber18スペイン語をどうしてもやりたくて、いつかはスペインに留学してやると思い、短大時代は、2年間バイトづくめでした。1ヶ月1度も休まない日がある事もざらでした。
それでいて、きちんと授業もサボらずに学校に行っていて、遊びもしっかりしていたのですから、一体どうやって自分の時間をやりくりしていたのだろうと今でも不思議です。

そんな私がやっとお金が十分貯まってスペインに留学することができました。
家族と離れるのはさびしかったですが、夢をかなえた自分に称賛したい気持ちでした。

スペインではまずはホームステイをしたのですが、そのオーナーが、友達とバルに食べに行くから一緒に行こうと言って誘ってくれました。
そのバルでは、バケツいっぱいに入ったムール貝や大きなお皿にたくさんエビが乗っていて、スペイン滞在初日から本当に良いバルに連れて行ってもらえたなと思いました。
しかもスペイン人と一緒ですから、そのバルにある美味しい物も美味しいお酒も分かっています。
その時はスペイン語はちんぷんかんぷんでしたが、大好物だらけの料理と、大好きなお酒が安い値段でたくさん飲めて、初めてのバル体験はオーナーのお陰で良い物となりました。また行きたいくらいです。