太陽光発電を設置する場合のメリット

13東日本大震災があり電力が不足するという危機感を感じ、太陽光発電を設置する家庭が増えました。
新築住宅でも太陽光発電設置するプランなども多く見かけます。
設置した場合のメリットは、高熱費をカットできるという事でしょうか。新築住宅の多くがオール電化になっているので、電気代が下がるというのは重要な部分ですね。生活している以上、電気の無い生活はもう、想像できないですから、コストダウンは重要ですね。

年間では、約80%の削減が可能と言う事です。余った電力を売る事が出来る事や、日々の電力もまかなう事が出来るという事でしょう。ただし設置費用がある事や、メンテナンスの面では将来的にかかるコストが未知数かなと思います。しかし、停電などの影響がないこと、オール電化であるなどの場合にはメリットが高いかもしれませんね。
太陽光発電の設置をする事で、電力の使い方などにも意識が高まるかもしれません。ただし、日照時間に左右されるため積雪の多い地域は季節によっては効率が下がったりするようです。
また、オール電化の場合は蓄電池も設置する事で、夜間の電力と効率的に電気を無駄なく使用できるようなので、設置するのは、意外とメリットは多いようですね。”