「クルマの鍵」はどうあるべきものか

17クルマの鍵」は、車を運転する上で重要な役割を果たすものであります。 しかし施錠の役割を果たすものであれば鍵穴を破損させることで、盗難や車上荒らしを可能とする場合もあるでしょう。 つまり鍵穴をつぶすことで扉の開閉が成立となれば盗難や車上荒らしも成立するものであり、 鍵穴自体を無くすことでこういったリスクを軽減とすることも可能ではないでしょうか。

最近の車は、鍵をもった方が近づくことで施錠が解除となり、ボタン一つでエンジンがかかるといった機能の 商品が多数ございます。最近の車はこの機能をもったものが主流といってもよいでしょう。 こういった機能の商品であれば、鍵穴は不要であり「クルマの鍵」のセキュリティもぐんとアップとなったとかんがえられないでしょうか。 施錠を解除するだけでは、車は運転することができないとなればくるまを盗まれるといったリスクもより低くすることになると考えられないでしょうか。 プラス鍵を指すといった行為を無くすことで、鞄の中から鍵を探すといった行為も不要となります。 無駄な時間、無駄な行為を排除とできなおかつセキュリティがアップとなればそれは大変よいことではないでしょうか。進化とは、やはり無駄なものの排除と同時に機能等がアップとなることではないでしょうか。