コラーゲンをとると美しくなるのか

美容巷ではコラーゲンをたくさんとると肌がきれいになるということが言われています。
しかし本当にそうなのでしょうか。生化学的には皮膚にはコラーゲンが含まれており、コラーゲンがあるほど俗に言う美肌になります。しかしそのコラーゲンのもとは体内で作られるアミノ酸であり、当然食べたコラーゲンがそのまま皮膚に作用をするということではありません。つまりたくさんコラーゲンをとったからといって、すべて体内で分解され、皮膚に適したコラーゲンへと再構築されます。
あふれた分は他の場所へ行ったり排泄されてしまうためたくさんとるのが良いことでは無いのです。ではどうしたら良いのでしょう。美肌を保つためには「上質なコラーゲン」をとることが必要です。体内で再構築されるといっても全てが壊されるわけでは無く一部の構造は残ります。つまり上質なコラーゲンを摂取すると上質なコラーゲンが皮膚に行き渡る確率が高くなるのです。だまされてはいけません。多いのが良いのでは無く上質なのが良いのです。