地震のときに割れやすい窓ガラス

地震で割れた窓東日本大震災で私達は地震の怖さを痛感させられました。日本ではどこに住んでいても地震は避けられません。特に都心部はビルが多く、見上げると窓ガラスだらけで、地震のときにアレが割れて降ってきたらとかんがえるとぞっとします。

地震のときに割れやすい窓ガラスがあります。それはビルに使われているハメ殺しの窓ガラスです。高層ビルでは窓ガラスが開けられないように固定されており、地震でビルが揺れたときに窓ガラスが建物のゆがみに耐えられずに割れるのです。

はめ殺しの窓ガラスが大きくなればなるほど割れやすくなっています。その中でも特に割れやすいのは、角の部分が柱がなく、ガラスが直角に接着されている部分です。

実際には高層ビルの窓ガラスは飛散防止が義務付けられていますので、大きな事故となることはありませんが、対策をとっていない一般の古いビルでは危険です。こういった場合は飛散防止フィルムが封入されている合わせガラスや網入りガラスへの交換が必要です。