鍵穴に異物を挿入された

ピッキング窃盗団ピッキング窃盗団のテクニックのひとつに鍵穴に異物を入れて逃走するというものがある。鍵というものは構造上の特徴として形の噛み合っている鍵の形状でなければ開かないようになっている。ピッキングはピックによってその形を仮想で作り出す技術。逆にいえば正しい鍵であっても異物がシリンダー内にあって正しい形にはまらなければ鍵は開かない。ピッキング犯は開錠後すぐにつまようじ等の異物を挿入して鍵を開かなくしてしまうという手口がある。この方法をとっていれば家人が予定外に早く帰宅してしまっても鍵を開けられずに鍵屋に行く。その間に逃走が可能なのである。また撤収中にすれ違ったりしても逃走時間を確保できる。

こういった時間との勝負まで細かく考えているのが現在のピッキング犯たちの特徴である。このような犯人には家のそばから離れずに鍵屋に電話をする、ドアの前にものを置いてドアを開閉できなくするなどがある。ただし犯人が武装していることがあるのでドアの前にいるのは避けること。