植木鉢の下のカギ

植木鉢の下カギを玄関付近の植木鉢の下や電気やガスのメーターボックスのなか、または郵便ポストに隠して家族内で使っているケースがありますが、これらは泥棒にかかれば簡単に見つけられてしまうもので、泥棒の侵入を待っているようなものです。隠してあるカギで侵入するという手口は随分まえから毎年コンスタントに報告されており、泥棒の常套手段ともいえます。家庭でこのような隠しカギを使っている人がいるなら、スペアキーを家族それぞれに持たせるなどして他人の手に渡る可能性を潰しておかなければなりません。もしカギを持ち歩くのが面倒だという人がいるなら、ドアにテンキーを取り付けることを検討してみてはいかがでしょうか。テンキーは暗証番号を打ち込んで開錠するのでカギを持ち歩く必要がなく、非常に便利です。例えばちょっとゴミを外へ出しに行くときも従来のカギほど開閉に手間をとられないので面倒なくロックでき、泥棒に侵入する隙を与えません。