リフォームと建て替えの比較

reform (10)

リフォームか、建て替えかは、建物が古くなるにつれ多くなる質問です。一概にどちらがいいとは言えないので、現在の家の状態、それぞれの費用、将来の生活般計などから比較しておきましょう。
築20年を過ぎたあたりから多い質問が、「建てかえとリフォームと、どっちが良いでしょうか?」というものです。
答えは、今住んでいる家の状態、これからの生活設計、現在の土地の状況などによって異なります。一概に築○年なのでどっちが良い、ということにはなりません。
ここで最初にしなければならないのは、今の家が果たしてどんな状態にあるのかを把握することです。構造部分の劣化の程度、この先何年ぐらいもつのか、またこれから20年程皮住みたいのであればそのために必喫な補修は何か、などを専門家に依頼して調べてもらいましょう。
その結果を踏まえて、リフォーム会社や工務店など専門の業者に、希望の間収りや新しい設備への交換にかかるコストなど、
「リフォームにかかる総額を出してもらいます。 一方、建て替えにかかる費用も、ハウスメーカーなどに頼んで概算の見積もりをとってみます。
引っ越し費用や登記の費用なども含めた「建て替えにかかる費用の総額」を把握することが大切です。
リフォームは、すべて壊してしまう建てかえと違い、使える部分を残して使うことができるという大きなメリットがあります。
その分、費用が安くなるので、こだわりの部分にお金をまわし理想の空間をつくるという楽しみもあ昨ます。
ただし、構造上主要な部分の移動や変更には大きな費用がかかるため、間取りの自由度という点では建て替えに軍配があがるでしょう。
また、構造重要な部分の劣化がひどい場合や地盤に問題がある場合、基礎が沈下しているような場合などには、コスト的にも建て替えを選択したほうが良いでしょう。